正答率8割問題作ってみた-107 小児科 《成長発達2》

まずは前回の解答・解説から。

この児は2歳であるが、国家試験のためには新生児、3か月、1歳、3歳のときの身長・体重(・頭囲・胸囲)は覚えておきたい。[身長(cm)/体重(kg)]とすると、新生児[50/3]、3か月児[50/6]、1歳児[75/9]、3歳児[95/14]を目安として覚えておきたい。小児の特徴として肝臓や脾臓は正常でも触知することがある。一人立ちは1歳、走る・階段昇りは2歳、スプーンが使えるのは1歳半、積み木を2~3個積むのは1歳半、2語文は2歳…というように、この辺りは覚えなければならない。

a. Kaup指数はおよそ17である ⇒正しい。Kaup指数=体重(g)/身長(cm)^2×10(基準値15~18)であり、この児をあてはめるとおよそ17となる。

b. 2歳でスプーンが使えないのは遅い ⇒正しい。スプーンは1歳半で使えるのが正常とされる。

c. 喃語がまだ話せないのは正常である ⇒間違い。喃語とは意味のない言葉のことであり、5か月~7か月で発するものである。

d. 他児への興味がすでにある ⇒正しい。1歳半頃から他の児に興味を示すようになるとされる。

それでは今日の問題。

1 か月の乳児。健康診査のため母親に連れられて来院した。母親の妊娠・分娩経過に異常はなく、母乳栄養で体重は 27 g/日増加している。便は黄色である。皮膚はやや黄染している。胸腹部に異常を認めない。
誤っているのはどれか。

a. 1日の体重増加量は正常である

b. 便臭は腐敗臭である

c. 皮膚の黄染は母乳によるものである

d. 母乳は人工乳より鉄が少ない

参考問題は109E45

→https://minkore.com/bbs_view/109_5_45

解答・解説は次回。