ヒポクラ臨床クイズ6:全身の症状と皮疹

〜臨床現場の実症例から国試に役立つクイズを出題!〜

臨床の現場で画像コンサルトができるアプリ「ヒポクラ」と「みんコレ!」がコラボ!!
国家試験受験生が対策しにくい画像問題をヒポクラの実症例からクイズ形式で隔週で出題します。

 

クイズ6:全身の症状と皮疹

■問題

45歳の女性.発熱と筋肉痛を主訴に来院した。3ヶ月前から運動時の筋肉痛が出現し、階段の昇降が困難になった。

眼瞼に浮腫状の紅斑を認める。手指、肘の写真を次に示します。この患者で見られるのはどれか、2つ選んでください。

 

a CK高値

b 神経伝達速度低下

c 抗アセチルコリンレセプター抗体高値

d 抗Jo-1抗体高値

e ASO高値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■回答

a CK高値

d 抗Jo-1抗体高値

 

発熱,筋肉痛,眼瞼の浮腫状紅斑(ヘリオトロープ疹)、画像初見のGottron徴候から皮膚筋炎を疑います.筋障害を反映してCKの他にアルドラーゼ,尿中クレアチニンが高値を示ことが多いです。

神経伝達速度は皮膚筋炎では正常となります。抗アセチルコリンレセプター抗体は重症筋無力症で認められることが多い抗体です。

抗Jo-1抗体は皮膚筋炎,多発性筋炎の20-30%で認める抗体です。ASOは溶連菌感染後に上昇し,リウマチ熱等で認めることが多いです。

 

ヒポクラ臨床クイズは2週間に1度のペースでお届けします。

次回もぜひ、ご覧ください。

 

 

■出題元『ヒポクラ』アプリ 皮膚科・眼科コンサルト
医師のための臨床互助ツール「ヒポクラ」は、皮膚科・眼科専門医にコンサルトを依頼できる「ヒフミルくん」「メミルちゃん」、医師同士で臨床に関する知識を深める場の「知見共有」、国内外の医療に関するニュースをご紹介する「ヒポクラ ニュース」、英語論文を日本語で検索・アブスト表示する「Bibgraph」などを提供しています。その中の皮膚科・眼科コンサルトに依頼があった内容をもとに出題しています。 医師であれば、アプリをダウンロードいただき会員登録して頂くだけで、無料でサービスをご利用いただけます。研修医になられましたらぜひご利用ください。

※『ヒポクラ』は株式会社エクスメディオの商標です。