Dr.Kaupo×ほくと先生 対談【4/4】研修医になりました!

前回は国試合格とマッチングまでのお話でした。
いよいよ研修医として働き始めた感想を聞いてみます!

研修生活の様子

ほくと先生:いよいよお医者さんとして働き始めて半年立ってるわけですよね。今の研修内容についてどういう気持ちですか?

Dr.Kaupo:研修医になっても、やれることはまだ限られてるなと思いました。病院のシステムに慣れるのに時間がかかったり、薬を知らなかったり…。研修をこなしてはいるけれど、自分がスキルアップしているか不安という感じです。処方出すとか、状態に対してどうやって対処していくか、とか学生の時と違いはありますけど、上級医が考えたプランに則っている感じですね。

ほくと先生:研修医になって、大学8年間の経験は役に立ちましか?

Dr.Kaupo:国試でやったことは、聞いたり、調べたりしたら思い出すんですよね、なので役立っているとは思います。

ほくと先生:大学病院の同期との関係はどのような感じですか?

Dr.Kaupo僕は2回留年した身なので、3年目、つまり今のレジデントと同期です。仲良い人は多いので、仕事中は丁寧語で話してます。分からないことを聞きやすいので良かったです。プライベートでご飯行くときとかはタメで話してます。

ほくと先生:国試終わってからコロナの話が一気にきてイメージと違う研修になりましたか?

Dr.Kaupo:一番打撃うけたのは、産婦人科で今年の5月になってから経膣分娩があった時です。分娩室でマスクはN95つけて、研修医入っちゃだめ、という状況になってしまって。夜中のお産担当する時も上級医の方はお産に入って、僕はカルテを開いて事務仕事するような形でした。ガウンが足りなくなって、手術も少なくなりました。

研修中のスキルアップで心がけていること

ほくと先生:研修中はどうやって勉強していますか?

Dr.Kaupo:最近は輸液や抗生剤の本を勉強しています。ネットを使うのもいいんですが、僕は本を買って読むようにしています。そうしないと、本当に勉強しなくなるんですよ。業務がしんどすぎて家帰ると寝ちゃうことも多いので、病院の空き時間に勉強するようにしています。

ほくと先生:教材は主に本を使ってるんですね。

Dr.Kaupo:そうですね、上級医のおすすめや大学の中の本屋さんに行って研修医の人が使ってる本を読んだりしてます。

ほくと先生:今の5、6年生で国試勉強に余裕があったり、国試終わった後に研修医になるまで余裕のある時に読んでおくのにおすすめの本とかありますか?

Dr.Kaupo:「これだけでわかるレジデントの輸液」は同期のおすすめでした。ただ、僕と同じような状況の人だったら国家試験に出る内容ができてないと結局受からないから、それは優先順位として考えてもらえばいいかなと思います。国試終わった後は後悔しないように好きなことに時間使った方がいいと思います。

印象的だった症例

Dr.Kaupo:血液内科と腎透析内科で、移殖したあとの患者さんに骨髄抑制がかかるとか、白血球が10しかないのっていう状態を見たことは印象的でした。透析を長期間すると、AST、ALTが著明に下がるんです。ただ、透析患者さんで肝障害も合併していると、AST、ALTが見かけ上基準値内になってしまうんですね。基準値内で出たとしてもそれは問題だから何か対処しないといけないことを知って勉強になりました。

K+とかも一応基準値がK+4.5〜5.0あたりだと言われてますけど、5.3までだったらまだ大丈夫とか、そういう感覚は病院に勤めてないと分からないかなって思いますね。自分の中でこれは見過ごしても大丈夫とか、これを見過ごしてはいけない、とかの感覚を学ばせてもらってる状況です。

ほくと先生:勉強だけだとわからないところは色々あって、研修すると勉強でわからない感覚が身にくんですね。検査値見るんでも、一時点を見るのではなく、とっているデータ昔から比べてみるような感覚は国試勉強ではよくわからないけど、現場で言うと逆に当たり前っていうくらいの勢いがありますね。

Dr.Kaupo:国試受かるまでは国試の内容を最重視してもらえば良いとは思うんですけど、ポリクリ回る時とか外の病院行った時にこういう感覚あるんだっていうのを学んでもらえるといいかなって思います。それはテストと分けないと、こんがらがるのでしっかり分けてやってもらうといいですね。

Dr.Kaupoからのメッセージ

〜留年生へ〜

留年してしまった理由というのが色々あると思うんですけど、それがなんでだったのか分析してみてください。勉強面だったら自分が出来ないんだと思うよりかは、なんでできなかったかを分析して実践していってくれた方がいいかなと思いますね。

〜受験生へ〜

今までずっと勉強頑張ってきたと思うので、自分を出し切って頂ければいいかなと思います。それこそいつも通りやっていってもらえれば、試験なんで、答えがあって、点数が取れれば、受かるので。国家試験、大きく見えるかも知れないけど、今まで自分が勉強してきたことを信じて勉強してきたことをぶつけてもらえたらいいかなと思いますね。

〜研修医へ〜

僕も戸惑うこと多くて心折れそうになることもあるのですけど、元同期が初期研修やレジデントやってる姿とか見てると、この人たちはこれを乗り越えているし、動けているのは今までの経験があったからこそなんだなって思います。今ぶち当たってる壁を乗り越えたらレベルアップできると考えて、大変な部分はありますけど、投げ出さずにやっていきましょう。

つよくてかたい、いしをもったいしをめざすおとこ!113回受ける権利失い、母校とアンマッチするも、無事卒業し114回で合格。母校で研修中。  (Twitterより)

株式会社みんコレCEO×精神科×産業医として東奔西走中。現在はオンラインで勉強できる文化を推し進めることを目指している。Youtube番組も配信中。