人と違うことがしたいあなたへ【4/4】医師YouTuberこくろー

YouTubeで東京ヒヤリハットの活動を始めた経緯を聞くよ!前回のイラスト活動の話はこちらから。

-東京ヒヤリハットを結成した経緯は?

僕たち、特にこくろーは、映像に残ろうが残るまいが面白いことをやりたい人なので、どうせならそれが映像として記録に残ったほうがいいかな、という感じで始めました。
面白いことをしたいのが先で、どうせなら見てもらいたいからYouTuberになったという感じです。

-「東京ヒヤリハット」の名前の由来は何ですか?

僕たちは、3人ともバンドを別々にやっていて、3人とも「東京事変」が好きでした。ある日、こくろーときよすけで東京事変のコピーバンドがやりたいね、という話になった時に、東京事変は英語でTokyo Incidentsなので、医療用語にひっかけるのと、東京事変よりもだいぶショボい、ということでTokyo Minor Incidents、日本語に訳して東京ヒヤリハット にしました。いつの日か、東京で有名になってインシデントやアクシンデントになりたいね、という気持ちもこもっています。

-東京ヒヤリハットの方針や目標は?

医師免許をあまり使わない方針にしています。医師界ではなく、ネタ界のYouTuberになりたいからです。バンドみたいなもので、仕事の感覚はゼロ。目標を持って始めると挫折するので、目標は特に持たずに続けていきたいと思っています。

-動画を投稿するのに時間はかかりますか?

はい、作るのには根性と忍耐が必要です。15分の動画を投稿するのに約10時間ほどかかっています。イラストを描いて仕事をするのに比べ、YouTubeの動画を作るのは時間と体力を使います。非常に非合理的なんです。

それをやる原動力は人と同じ状態でいたくないという気持ちです。やり始めちゃいましたし。やり始めちゃうと、有名にならないままやめてしまうと恥ずかしいのでやめられない。そうやって自分を追い込んでます。

-それって損なんじゃないって後ろ指指されたら?怖くないですか?

損でも好きならいいんじゃないでしょうか?枠をはみ出した瞬間に後ろ指を指されるけれど、僕は気にしていません。良くも悪くも昔から目立っていたので。ガキ大将のような感じで後ろ指をさされ慣れています。自分自身に対する自信があるので、後ろ指を指されてもいいって思えます。

-周りから後ろ指さされたくない人でもやりたいことがあれば、結局やるしかないですね?

そうですね。後ろ指を指されるのが怖い人は何かに所属すれば、目立っていることを多少緩和できると思いますよ。イラストを描くことなら、医療美術部に入っている、YouTubeに入っているなどです。何かに所属したい時でも自分でコンタクトを取る姿勢が必要です。

進路に迷っている医学生よ、
俺にDMしなさい。