研修医メルロの『6年生マニュアル』【第1回】医学部6年生の過ごし方編

皆さんこんにちは!この度、『みんコレ!』にて連載をさせていただきます、研修医メルロと言います。頑張りますのでよろしくお願いしますっっっっっ!

メルロさんの自己紹介はこちらの記事をどうぞ!

さて、医師国家試験を控えていらっしゃる医学部6年生の方は今年1年間何をすればいいのか分からないのではないでしょうか?もちろんカリキュラムは各大学ごとに違いますし、卒業試験の時期によってやるべきことが変わってくるかと思いますが、大事なポイントだけ押さえていきたいと思います。

むぅぅう。気になる〜

①QBは6年生春までに1周しておく

 医師国家試験の過去問演習といえばQB(クエスチョン・バンク)シリーズです。解説が丁寧で今アツイテーマなども教えてくれるので今後の国試問題に出そうなテーマも理解できます。また、イヤーノートとの連携も良いのでQBを使えば間違い無いです。

なぜ、6年生春までに一周する必要があるのか、というと7591問もあるため、たとえ1日100問解いたとしても1周するのに2ヶ月半かかるのです。そして、ご存知のように忘却曲線で2ヶ月半も経つとほとんど忘れてしまうので、早めに1周目を終わらせる必要があるのです。

理想としては、5年生~6年生春で1周目、6年生夏~秋に2周目、その後間違えた問題だけを復習する、といった感じです。

 国試が終わってから思ったんですが、イヤーノートは本当にすごいです。私はQB演習のときや調べ物をするときにイヤーノートを読んでいたのですが、もっと読み物として端から端まで目を通しておけば良かったなと後悔しています。かなり時間がかかるとは思うのですが医学知識は格段に増えると思います。

どうしよう、メルロさん。6年生春までにQBが1周できなかったよぉぉぉぉ。夏からQBに手をつけ始めようかな。

6年生の夏にQBの1周目を始めようと思っても不可能です!絶対に間に合いません。
そんな時はQBの『1周目問題』だけを解いてください。良問や教育的問題が選定されていて、これを解くだけでメジャーな疾患について押さえることができます

QBの『1周目問題』ですね!これは難易度も高くなくて進めやすいです!

②勉強のできる友人を6年生までに作っておく

 友達作りはだいたい1年生で決まってしまいますよね。気の許せる友達といることは精神的にも良いことだと思うのですが、成績が悪い友達とばかりつるんでいる人は要注意です。偏見かもしれませんが、お酒をよく飲みタバコを吸い麻雀をやっている人は国試に落ちやすいかもしれません。国試に合格するために、6年生までに優秀な友人を作っておくことが大事だと思います。何か疑問点が浮かんだときに気軽にLINEで聞いたりできるのは大きなメリットです。またその人を含む複数人のグループで勉強会を開いたりするとより集中できて良いのではないでしょうか。また、後述しますが、皆と違ったことをしていた場合、勉強方針を引き戻すきっかけにもなります。

えっとぉ、これは中枢性尿崩症?それとも腎性?あれ、SIADHってなんだっけぇ(泣)

俺のまとめノートPDFあげるから、読んでごらん。

ありがとう!メルロさんと友達でよかった!

同性だけでなく、異性の友達と勉強するのも、モチベーション維持のために大事かもしれません。

③夏以降はみんなと同じことをやる

医師国家試験は9割の人が合格する試験です。極論を言えば、大多数と同じことをしていればその9割に入れるということです。

 恐ろしいこと第113回医師国家試験受験生のうち7000人がMECのサマライズを受講し、9000人がMECの前日予想メールを読んでいました。また、medu4登録者数は累計10000人を超えています。当たり前かもしれませんが、イヤーノートは医学生の99%が所有しています。

 このように、大多数が行っている勉強法に追従すれば、まず勉強法の方向性を見失うことはないでしょう。(ただ、この集団心理を逆手に取り、MECの講座は値上げをしているそうなのでご注意を。)

くそっ、MECめ、値上げかよ。。。

逆にメディックメディアのQ-Assistはセール価格でよくまとまっている講義動画を出していますし、こちらもオススメですよ。ちなみに俺は講義動画の中でQ-Assistが一番わかりやすかったなぁ。

そうなんですね!期間限定セールみたいなので買っちゃいます!TECOMは取ってる人減ってきたなぁ。

TECOMはテキストに誤植があることで有名だからね。MECはメディックメディア模試で出てきた問題と真逆のことを教えてたけど、すぐに対応してPDFを発布してたからね。信頼できると思う。

予備校によって特徴があるんですねぇ。もっと詳しく教えてください!

じゃあ、次回は医学部予備校のビデオ講義比較についてお話ししようと思います。以上が『医学部6年生の過ごし方』でした!